読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポストモダンと散歩中

長くなりがち。

大人になってからの友達作りはなぜ難しいのか

最近、大人になってからの友達作りはなぜ難しいのかを考える機会があった。 正確に言うと、本当に大人になってからの友達作りは難しいのかということを考えていたのだけれど、結論として大人になってからの友達作りは難しいと思ったのでその理由を考えていた…

マツコ・デラックスさんといじりの話

最近YouTubeで日本のバラエティを見るのにはまっている。その中で好きで見ていたのが『マツコの知らない世界』である。私はマツコ・デラックスという人になんとなく好感を持っていて、観察眼が鋭く話も上手だし人の話をよく聞く人だという印象を持っていた。…

アジが美味しかった話

小腹がすいて台所に行くと、アジの焼いたのが4匹置いてあった。夜ご飯だったら手をつけてはいけないのだけれど、それは父が近所のスーパーで買ってきたもので、おやつに食べようと焼いたのだそうだ。おやつにアジか…とは思ったが、せっかくなので1匹貰って…

Flowers for Algernon: アルジャーノンに花束を読んで

[作品の核心に触れる記述があります] 日本では今年ドラマにもなった「アルジャーノンに花束を」を、私が初めて読んだのは中学生のころだったと思います。多分、この日本語訳版を読んだのではなかったかと記憶しています。 アルジャーノンに花束を (ダニエル…

Eメールの敬語ごときで心が乱された話

最近母校の学部生とEメールをやりとりする機会が何度かあった。 女子学生はおおむね正しい敬語で気持ちのよい文章を書いてくれたのだが、男子学生の中には文語が苦手な人が何人かいて、頭の痛くなるようなメールをよこしてきた。この傾向は一般的なものなの…

「少し距離をおいて付き合うのがベスト」な人

昨夜は友人を家に招いて食事とサングリアを楽しんだ、はずだった。 一週間ほど前から、友人Sと約束して、会うのを楽しみにしていた。Sは礼儀正しく、知的な会話を楽しむタイプで、彼とは親しく付き合っている。私は彼と別の友人Jは、気が合うのではないかと…

ペンだこ

今日は試験でした。 試験の時間は三時間。6問大問があり、それぞれのなかにいくつかの小問があるものに、記述式で答えます。筆記試験は久しぶりで、どれだけ詳しく回答すればよいか分からなかったので、最後まで時間を使ってしまいました。合格はしていると…

フレネミー(Frenemy)がいる。

私にはフレネミー(Frenemy)がいる。 フレネミーとはFriendとEnemyを掛け合わせた言葉で、友達の皮をかぶった敵のことを指す。「友達」も「敵」もいろんな関係があるので、一概にフレネミーとの関係を定義するのは難しいけれど、例えば以下の記事のような関…

いわゆる欠損フェチについて

先日以下の文章を書いてから、ずっと"欠損女子バー"ブッシュドノエルについての様々な意見を追ってきた。 sociologirl.hateblo.jp 欠損女子を主体とした話がほとんどだったのだが、ふと、いわゆる「欠損フェチ」という性的嗜好について何も知らないことに気…

私はきっと結婚できない、あるいは、人が嫌いなのかもしれないという話

私はきっと結婚できないな、と時々思う。 結婚したいかと聞かれると、その時その時で違う。猛烈に誰かと一緒に老いていく関係性を欲していることもあれば、一人が私に一番合っているのだわ、と思うこともある。でも、どちらかというと結婚したいのだと思う。…

話題の「欠損女子バー」記事によせて

wotopi.jp 新宿ゴールデン街の期間限定コンセプト・バー「ブッシュドノエル」が注目を集めています。ブッシュドノエルのバーテンダーは「欠損女子」と記事内で呼ばれる、手足の欠損を持つ若い女性たちです。この記事は大きな反響をよんでおり、この文章を書…

Queen of Versailles (2012) レビュー②

先日、ドキュメンタリーQueen of Versaillesの紹介をした。 sociologirl.hateblo.jp 私はこのドキュメンタリーを見た後、シーゲル一家がどうなったのかとても気になって少しリサーチをした。 その結果いくつか分かったことがある。 まず、デイビッド・シーゲ…

長期的なキャリアプランを立てることは必要か

来年、新しい環境で生活が始まる予定であることを受けて、長期的な計画を立てようとして、やめた。ここ数年を振り返るだけでも10代の頃に思い描いていた将来とはかけ離れた道を進んできた。これからのことなんて計画しても無駄なのだと思う。三年後にどこに…

Queen of Versailles (2012) レビュー①

YouTubeでQueen of Versailles(ベルサイユの女王)というドキュメンタリーを見た。なんでこのドキュメンタリーにたどりついたのかは詳しく覚えてないけれど、他のドキュメンタリーを見ていた時に表示された関連動画の中の一つだったと思う。ドキュメンタリ…

『失敗だらけの人生』を乗り越えるために

過去のことを思い出して一人赤面したり悲しくなったりと感情を揺さぶられることがある。他の人はどうなのか分からないが、私はふとした瞬間に愚かだった過去の自分の言動がよみがえってきて叫びたくなることが頻繁にある。過去の「失敗」は大小様々で、未熟…

お付き合いの作法雑感・異文化間恋愛編

スウェーデンで勉強中の友人から聞いた話で思うところがあった。 彼女の名前を仮にアリーナとしよう。アリーナは20代半ばの美しいルーマニア人の才女である。美しいは私の主観だけれど、美人の産地(変な言い方)として有名なルーマニアの出身なので他の人も…