ポストモダンと散歩中

長くなりがち。

マツコ・デラックスさんといじりの話

最近YouTubeで日本のバラエティを見るのにはまっている。その中で好きで見ていたのが『マツコの知らない世界』である。私はマツコ・デラックスという人になんとなく好感を持っていて、観察眼が鋭く話も上手だし人の話をよく聞く人だという印象を持っていた。

 

番組を数回分見て、「あれ?この人はこんな人だったっけ」と感じることが増えてきた。ゲストによってはマツコさんの『いじり』がきつくて、意地が悪いと感じることがある。また、相手の言葉を遮って自分の言いたい事を述べる事も非常に多い。ある程度「ウケ」を狙った言動というのはわかるし、テレビ番組作りには視聴者側からは見えない事も多いだろうから、それなりの理由があるのだろうとは思う。

 

しかし、番組のホスト(ホステス)であるマツコさんが素人であるゲストを嬲るように扱うのを見ていい気持ちはしない。そういう芸風だと納得すべきなのだろうか。この番組のホストーゲストの関係性は大きく非対称であり、ホストであるマツコさんは「場」に甚大な影響力を持っている。マツコさんがゲストをいじるようにゲストがマツコさんをいじることは想像しにくい。つまり、この「いじり」は一方通行の権力関係の中で起こっているのだ。マツコさんがゲストをからかい、それが度を越したものであっても「怒る」という選択肢があらかじめ奪われたゲストは番組スタッフと一緒に笑うしかない。

 

「面白い」ものとして描かれるマツコさんの「いじり」を見ていると、いじめの傍観者のような気がして苦痛になってきた。もっとも、「いじり」は昨今の娯楽番組では珍しいものではない。それなのに私がマツコさんに少しがっかりしてしまったのはマツコさんが尊重されない痛みを知っているものだと考えていたからだ。私の好きなNHKのシリーズにハートネットTV というのがあるのだけれど、その中の性の多様性を考える回にマツコさんが出演していて、そこで話していたことにとても共感したことで、私はマツコさんのファンになった。

www.youtube.com

 

勝手にファンになって勝手に期待して勝手にがっかりするのも馬鹿げた話だ。「マツコの知らない世界」は多分今後も見るけれど、マツコさんの発言やゲストに対する態度はきっと気になり続けると思う。

 

若い人はテレビを見ないというけれど、人気番組や知名度の高いタレントはやはり未だに視聴者に大きな影響力を持つ。テレビが「いじり」を肯定的に提示することで「いじり」は社会に面白いものとして受け入れられていく。忘れてはならないのは、その背後にある権力関係も同時にいじりの構造に内在化されていることだ。権力の強いものが一方的に権力の弱いものを笑い者にするような笑いは私は大嫌いだ。

 

 

権力と支配 (講談社学術文庫)

権力と支配 (講談社学術文庫)

 

 

 

ミシェル・フーコー―1926ー1984 権力・知・歴史

ミシェル・フーコー―1926ー1984 権力・知・歴史